メールのボリュームを調節しましょう

届いたメールを見て返信メールの文章の量を調節するのがメル友を作る方法の1つだと言えます。
メールの文章量は人により異なります。
簡潔に数行のみの人も存在しますし、スクロールバーが分からないくらい沢山書く人も存在するのです。
仕事のメールなら簡潔に書くに越したことはありませんが相手がメル友の場合は違ってきます。
例を挙げると自分が気合いを入れて送信したメールに対して一行二行の返信だったらメル友との温度差を感じてしまいます。
文章によって送信した人にはそんなつもりがなくても「メールの返事が面倒なのかも」と感じてしまいます。
逆に自分が送信した何気ないメールに対してあまりにも長文のメールが届いたら驚いてしまいます。
返信があまり短いと不安になりますがあまり長いと「重い」と思われてしまうのです。
相手が異性の場合は尚更だと言えます。
顔も知らない相手なので日常よりも不安に感じることがあります。
自分のメル友を作る技術を駆使して出来るだけ相手が不安に感じないように心がけましょう。
相手がメールに対してどんな立ち位置なのか届いたメールを見るとなんとなく分かります。
メル友はメールのみの関係なので関係が途切れるのもあっという間です。
ようやく出来たメル友と、自然消滅で残念だと思います。
メールの文章を相手と同じくらいの長さにするのはメール交換を続ける為のテクニックだと言えます。